emiiiバオバ部インタビュー vol.1 KANAさんの「整える暮らし」

emiiiをご愛用いただいている皆様やemiiiに関わる人々など、バオバブ好きが集まるコミュニティ『emiiiバオバ部』。
emiiiバオバ部インタビューでは、バオバ部員の皆様の
ライフスタイルやライフワーク、こだわりや好きなコトモノなどを伺いながら「価値観」や「自分らしさ」について考えます。

──────────────────────

  

emiiiバオバ部
インタビュー vol.1

KANAさんの「整える暮らし」

 

インタビュー第一弾はKANAさん。
都内で暮らす、ふたりのお子さんとパパさん、4人家族のお母さんです。
ハンドメイド作家「fieled mountain」として活動されています。

 

<もくじ>

  1. ハンドメイド作家「fieled mountain」KANAさん
  2. 家を整える、ものを整える。
  3. 無理のない「丁寧な暮らし」
  4. 好きなものに触れること
  5. 素肌と向き合うスキンケア

──────────────────────

 

1. ハンドメイド作家
  「fieled mountain」KANAさん

KANAさん:
38歳、娘2人と夫と私、4人家族で西東京市に住んでいます。
まだ始めたばかりで恥ずかしいのですがアクセサリーのハンドメイド作家をしています。今は主にピアスを中心に制作しています。

小さなパーツの中に語りかけるようなストーリー性を感じるKANAさんの作品。今の季節に身に付けて出かけたくなるような涼やかなアクセサリーです。

 

KANAさん:
アクセサリー作りでは、ファンタジー感や詩的な世界観を表現できたらと思っています。私は絵本がとっても好きでそれに影響を受けています。身につけた時に、ワクワクするような、心がほころぶような、そんな風に思ってもらえるようなアクセサリーを目標にしています。

 

繊細な作品を作られているKANAさん、普段の生活スタイルをお聞きします。

 

KANAさん:
朝はちょっと早めに起きて、日課の筋トレと洗濯からスタートします。家族のお弁当作りや朝食の準備など、細々とした家の事をしながら夫と子ども達を送り出します。家中の掃除を終えたら、午後に子ども達が帰って来るまでは仕事の時間です。子ども達の帰宅後はお母さんモードに戻ります。

家や家族のこと、作家活動、メリハリをつけて1日を上手に使っている印象です。作家活動は、お子さんが不在の間の短い時間にされているそう。

 

KANAさん:
アクセサリー作りは下の子が幼稚園に行っている間に集中して制作しています。家族のいないこの時間は、作品を作る仕事の時間でもありますが、語学勉強やストレッチなど、自分と向き合ったり自分の為に使える時間でもあるんです。何かをじっくり考えてみたり、モヤっとした気分を一旦リフレッシュできたり、そういう「自分の時間」は大切だなって思います。

 

オンオフの切り替えが難しい自宅でのお仕事は、夕方に帰宅する行動が不要なのでダラダラと仕事を続けてしまいがち。何かコツなどあるのでしょうか。

 

KANAさん:
このパーツを作り終わるまで!なんてやっていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいます。私の場合は、決まった時間に必ず下の子を迎えに行くので、途中の作業があっても「今日はここまで!」とパキッとけじめをつけてやめるようにしています。

 

──────────────────────

 

2. 家を整える、物を整える。

ハンドメイド制作作業場でもあるKANAさんのご自宅は、意外なほど家の中がすっきりとしています。

 

KANAさん:
私の場合、自宅の一角を制作スペースにしています。
「家事→仕事→子どものこと」の切り替えがスムーズにできるように、身の回りは常に整理整頓を心がけています。細かいパーツや道具も多いので、「片付いた状態」を意識するようにしています。
ものが定位置にあるだけで、作業効率がよくなるし、ルーティーン化もしやすくなるんです。パパッと片付けられるので「仕事←→お母さん」の切り替えがスムーズにできますね。
毎朝の掃除もラクにこなせちゃうんですよ。掃除は結構好きな方だと思います!


KANAさん:
子どもがいる家庭はどうしても物で溢れかえりますよね。おもちゃに服に勉強道具、お絵かきの紙や、何だかよくわからない物までとにかくたくさん!
そうして物が増えると、その分どうしても管理する手間が増えちゃいますよね。私はそこに少し負担を感じてしまう方なので…。子ども達にはきちんと対話しながら、自分たちで定期的に捨ててもらっています。

KANAさん:
私が捨てたり片付けたりするのは簡単だけど、子ども達が自分でいる・いらないを判断するって大事だと思うんです。私の整え術が、子ども達にも浸透してくれると嬉しいです(笑)。
と言っても、使っていない状態で長い間放置され続けているものは、本人の許可なく捨てることもありますよ!ひどいかもしれませんが、本人達は、もうすっかり忘れているので意外と平気なんですよね。

 

──────────────────────

 

3. 無理のない丁寧な暮らし

暮らしの中のヒントをお聞きしました。

 

KANAさん:
毎日の生活の中で、無理はしないけれど、丁寧に暮らすことは自分の中で大切にしています。
家の中を整えたり、過剰なものは持たない事もそうだし、子どもとの接し方や向き合い方、ちょっとした事でも私らしく、我が家らしく、楽しみながら自分で作ってみたり、自分が「いいな!」と思うことは、なるべく取り入れるようにしています。

 

KANAさん:
丁寧な暮らしってステキだなと思うしとっても憧れるけど、ちょっと疲れちゃうこともありますよね。でも自分の中で決めた事だけで良いと思うんです。
日々の生活の中で、自分が決めたことが守れた時は「よし、いい感じ。」と思って自己肯定!「楽しみながら」「無理しない範囲で」が私の大前提です!

KANAさん:
この前、子どもの誕生会の飾り付けをしたのですが、今は100円ショップでも素敵でおしゃれなグッズがたくさんありますよね。とっても可愛いので便利なものは活用させてもらうんですが、でもそれだけだと、何か物足りない…じゃあ、メッセージだけは、私らしい言葉とアイディアで書いてみよう!と。

KANAさん:
他には、食べ物にもちょっと気を使っています。
以前はあまり気にしていなかったのですが、年齢のせいか、生活スタイルの変化なのか、食べ物が自分の体調に直接的に関わるんだなと実感してきたんです。
子どもにも、できれば安全なものを食べさせたいこともあって、できる範囲で添加物はチェックするようにしています。子供にとって「食べる」ことは体を作っていくことなので、「体に良くて」「美味しいもの」を選ぶように心がけています。
栄養バランスの取れた食事って、自然と美味しそうな見た目だったりしますよね。それだけでとても幸せな気分になるでしょう?しかも食事って1日3食+おやつ。
「食べる」って生活の中でも大きな部分ですよね。大事だなって思います。

 

 

──────────────────────

 

4. 好きなものに触れること

KANAさん:
絵本が大好きなので、本屋さんは私にとって落ち着く空間です。それと雑貨屋さんも好きかな?
出かけ先で、本屋さんや雑貨屋さんを見かけると、スーッとついつい吸い込まれてしまうんです(笑)。いいなと思った本や、かわいい小物、面白い文房具とか、なんだかコレ好きだな!と思う物に出会うと、心がときめきます!

KANAさん:
直感だけでものを買ってしまうと、家の中が雑貨でいっぱいになってしまいますよね。なので、これは!!というものは連れて帰りますが、なるべく衝動的に買わないようにしています。
それが本当に必要なのか、道具的に必要でなくても、それが家の中にあったら心が踊るかな?とか、自分の中でじっくり吟味するようにしています。
心がハッピーになる物は手に入れるけど、無駄を増やさないように心がけています。

おうちの中はユーモアな表情が印象的な雑貨たちがたくさん! 

 

──────────────────────

 

5. 素肌と向き合うスキンケア

スキンケアや化粧品はどんな取り入れ方をされているのでしょうか。

 

KANAさん:
じつはスキンケアもメイクも殆どしません。面倒くさがりなので…。周りからは驚かれます!
子どもがいると自分のことは二の次になりがち…というのもあるのですが、私の場合は、しなくても良いなら、したくないと言う考えです。
でも、決してスキンケアをしない事にこだわっている訳ではないんです。メイクやスキンケアを全くしない訳ではないんですよ。肌の調子が悪ければ多少はスキンケアを取り入れるし、人と会うときはちゃんと身だしなみを整えますよ!

 

KANAさん:
若い頃は人並みにメイクもスキンケアもしていました。
も、結婚して子どもがいてと、ライフステージが変わってきた中で、自然とそうなって行った感じです。自然なままの素肌と向き合って対話するうちに、私には過度なケアは向かないなと感じてきて、しないようになって行ったという感じです。
例えばなんですけど、朝メイクをしたら、夜メイクを落とさなきゃいけないでしょう?そういうちょっとした行動の積み重ねが、私にはちょっと負担になってきたというか…。
スキンケアは毎日しなきゃいけないって思うのが、ちょっと億劫だなと感じるようになってしまったんです。

 

スキンケアをしない派のKANAさん。emiiiとの出会いはクラウドファンディングだったそう。

 
KANAさん:

クラファンで見かけて、バオバブって「星の王子様」のバオバブの木?と思ったのがきっかけです。普段はあまりしないスキンケアでしたが、大好きな絵本に登場するバオバブの木からオイルが取れるの?と興味を持ちました。
バオバブオイルって聞いたことがなかったし、マニアックなオイルですよね。なんとなく気になって、どんなブランドなのかなとチェックするうちに、オーガニックなところや、emiiiの笑顔をつなげたいっていう価値観に、何だかすごく惹かれる部分が多かったんですよね。
スタッフの方達の雰囲気や同世代というのも、何か親しみのようなものを感じました。

KANAさん:
emiiiの製品は、使ってみると肌にすぐなじむ感覚があるんですよね。普段スキンケアをしない私でも使いやすいのが気に入ってます。
私はかかとのガサつきが酷くて…。特に夏は裸足になる機会が多いので、かかとはおろし金状態だったんです。emiiiのバオバブ美容オイルでケアすると、肌にすぐ馴染んですごく調子が良いんです。
足が疲れてむくんでしまった時は、夜のマッサージにも取り入れています。オイルなのにベタベタが残らないから使いやすいんです。

 

KANAさん:
オイルって美容に長けている方が使うイメージで、私には敷居が高いと感じていたのですが、emiiiのバオバブ美容オイルは、使ってみると私の価値観にも合うしすごく便利だなと。
使い心地は良いし、1本あれば身体中どこでも使えるし、少しの量でも十分ケアしてくれる!あれこれ塗るのがちょっと苦手な私でも、emiiiなら取り入れやすいなと感じています。

 

最後に、これからやってみたいことや思いなどをお聞きしました。

 

KANAさん:
まずは日々の生活を楽しみながら、「fieled mountain」の作品を増やしてたくさんの方に届けたいなと思っています。
それから、家族で海外に移住してみたいです!自分の価値観を広げて行きたいなと思います。 

 

──────────────────────

 

KANAさんは、ナチュラルでふわっとした雰囲気の女性ですが、自分に合うスタイルをしっかり把握されていて、いいなと思うことを素直に取り入れている方でした。

無理なく、丁寧で心地よい暮らしをされていて、
慌ただしく流れてしまう毎日の生活の中でも
自分らしい生活スタイルをキープされているのが素晴らしいなと感じました。

スキンケアに対する考え方も人それぞれ。
自分の価値観に合うスキンケア方法や取り入れ方を見つけられると、日々の生活が少し豊かになるような気がします。

emiiiはどんな方にも、側でそっと寄り添える存在になれたら嬉しいなと感じました。

 

▼KANAさんにご愛用いただいているemiii商品はこちら

emiii BAOBAB SKIN OIL
エミィ バオバブ美容オイル(保湿美容液)
柑橘系のフルーティーな香り 30mL

肌、髪、体、
マルチに使えるコントロールオイル。
肌の水分油分のバランスを整えバリア機能を高めます。うるおいを閉じ込め、肌をふっくら柔らかに。

──────────────────────

取材ご協力:
ハンドメイド作家「fieled mountain」KANAさん

 

back
1 4